(京都・八幡|背割堤)1km以上も続く桜のトンネル

京都の八幡(やわた)市にある背割堤(せわりてい)。

宇治川と木津川と桂川が合流する三川合流地帯の宇治川と木津川を分かつ堤防である。

京阪八幡市駅から少し北へ歩いて行くと木津川御幸橋があり、その橋を渡ったところである。

 

( ↓ 橋から見た背割堤)

photo0438

 

橋をわたった右手に「さくらであい館」という、今年の3/25にオープンした建物がある。

photo0439

 

中ではさまざまなイベントが開催されていたり、情報を得ることもできる。

またお弁当や野菜なども売っている。

photo0440 photo0441

 

 

そして、併設の展望塔にも無料でのぼることができ、桜の背割堤はもちろん、天王山や石清水八幡宮のある男山なども望むことができる。

photo0443 photo0444

 

橋や展望塔からの桜も綺麗だが、ここまできたからにはやはり桜のトンネルをくぐりたい。

背割堤の全長は約1.4kmもあり、そこにソメイヨシノが立ち並んでいる。

photo0447 photo0446

 

前も後ろも桜、桜、桜。

上を見上げても桜。

満開の桜が風に吹かれて、ピンクの花びらの乱舞。

幻想的な光景に思わず見惚れてしまった。

 

また土手に下りてみるのも圧巻である。

photo0448 photo0449

 

近頃は雨が続いていたが、行った日は雲は厚かったものの雨には降られず、今が盛りのソメイヨシノを思う存分堪能できた。

 

帰りがけ、もう一度さくらであい館に立ち寄ったが、展望塔にのぼるエレベーターに長蛇の列ができていた。

朝はまったく並ばず乗れたのだが、昼前ともなると背割堤でお弁当でも、という人で大賑わいのようだ。

photo0442

 

●背割堤

時間:昼夜問わず

入場料:なし

最寄り駅:京阪 八幡市駅
駐車場:あり 9:00-17:00(桜の時期は有料)

 

●さくらであい館

時間:9:00-17:00

展望塔:9:00-16:30

入館料:無料

休館日:12/29-1/3


SPONSORED LINK


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。